いろんなブログをみていると、HTML、JavaScript、CSS、XMLやPHPのソースコードを、列番号が割り振られて、かつ部分にフォントカラーが設定されているのを見かけます。「ハイライト」って言うんですね。

▼WordPressプラグインSyntaxHighlighter Evolvedの使い方はこちら
WordPressでソースコードに色をつけるプラグインの使い方:SyntaxHighlighter Evolved

まさか人力で設定しているわけでもなさそうですし、どうやってるのか調べてみると、SyntaxHighlighterというJavaScriptとCSSで簡単に導入できるみたいなのでさっそく試してみました。

SyntaxHighlighterのライブラリをダウンロード

▼ダウンロードはこちらから。
配布元:syntaxhighlighter – Google Code

▼解凍したフォルダー構成。
・Uncompressed
・Styles
・Script

この3つのフォルダーをアップして、
導入したいサイトのheadに下記を書きます。

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="http://testblog.com/Styles/SyntaxHighlighter.css" />
<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shCore.js"></script>

<!-- 表示したい言語に応じて書きます -->
<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shBrushJScript.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shBrushCss.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shBrushPhp.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shBrushXml.js"></script>

<!-- window.onloadの時に実行される、表示させる為の関数 -->
<script type="text/javascript">
window.onload = function () {
	dp.SyntaxHighlighter.ClipboardSwf = 'js/clipboard.swf';
	dp.SyntaxHighlighter.HighlightAll('code');
}
</script>

↑これは、普通のpreタグで挟んでます。
preタグに対してnameとclassを指定してあげます。

<pre name="code" class="html:collapse">
ここにソースコード
</pre>

さっきのheadに書く記述に挟んだpreタグnameとclassを設定してあげると、もうお気付きかもしれませんが、classの部分を書き換えると、その種類のソースコードにハイライトが変わります。下記はそのリストで、左側がclassに入力する種類で、右側は使用する際にheadに書き足すJavaScript名です。

cpp        => shBrushCpp.js
c          => shBrushCpp.js
c++        => shBrushCpp.js
c#         => shBrushCSharp.js
c-sharp    => shBrushCSharp.js
csharp     => shBrushCSharp.js
css        => shBrushCss.js
delphi     => shBrushDelphi.js
pascal     => shBrushDelphi.js
java       => shBrushJava.js
js         => shBrushJScript.js
jscript    => shBrushJScript.js
javascript => shBrushJScript.js
php        => shBrushPhp.js
py         => shBrushPython.js
python     => shBrushPython.js
rb         => shBrushRuby.js
ruby       => shBrushRuby.js
rails      => shBrushRuby.js
ror        => shBrushRuby.js
sql        => shBrushSql.js
vb         => shBrushVb.js
vb.net     => shBrushVb.js
xml        => shBrushXml.js
html       => shBrushXml.js
xhtml      => shBrushXml.js
xslt       => shBrushXml.js

view plain、copy to clipboard、print、?、のテキストを日本語にしてみる。

Scripts/shCore.js をテキストエディタで開いて、「label:’」と検索してみると4箇所ヒットすると思います。それぞれを下記のように書き換えてみました。

label:'view plain'	=>	label:'プレーン表示'
label:'copy to clipboard'	=>	label:'クリップボードにコピー'
label:'print'	=>	label:'プリント'
label:'?'	=>	label:'コレは何?'

すると文字化けして表示されてしまいました。。orz これらSyntaxHighlighterのファイルコードは全てShift_JIS形式になっています。ブログやサイトに設定している文字コードに引っ張られるので、headタグに書いているshCore.js”のところに、

<script type="text/javascript" src="http://blog.caraldo.net/Script/shCore.js" charset="Shift_JIS"></script>

「charset=”Shift_JIS”」と書き足しました。

SyntaxHighlighterにActionScritpを対応させる方法

▼こちらのサイトから、ActionScriptをハイライトさせるJavaScriptをダウンロード
配布元:AS3 Syntax Highlighting (with SyntaxHighlighter)
▼解凍したフォルダー構成。
・Scripts
・Styles
StylesのなかにあるSyntaxHighlighter.cssに差し替えて、Scriptsの中にあるCompressedとUncompressedの中にある、shBrushAS3.jsをそれぞれのディレクトリにアップして、

<pre name="code" class="as:collapse">
ここにソースコード
</pre>

これでActionScriptのハイライトが可能になります。

ソースコードに色をつけるSyntaxHighlighterの導入方法
Pocket

Tagged on:         

One thought on “ソースコードに色をつけるSyntaxHighlighterの導入方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です