そろそろActionScript2.0から脱皮できそうな予感がしてきました!(オソw)そこで、ActionScript2.0でできたことで、ActionScript3.0でできないこと、その違いと方法を記録していきたいと思います。

AS3でeval();が使えない

evalは「テキストをインスタンス名のターゲットに変換してくれる」というのがボクのイメージです。
例えば、ステージ上に、mc0からmc9までのムービークリップがあるとします。これらに一気に命令する時は、
▼ActionScript1.x ~ 2.0の場合

for(var i:Number = 0; i<10; i++){
	eval("mc"+i).onRelease = function(){
		trace("ほげ");
	}
}
for文の中の変数「i」を利用して、「mc0」「mc1」「mc2」「mc3」…..「mc8」「mc9」まで一気にonReleaseのボタンが設定できました。
ActionScript3.0だとevalが使えないので、下記の方法を使います。
▼ActionScript3.0の場合
for(var i:int = 0; i<10; i++){
	this.["mc"+i].onRelease = function(){
		trace("ほげ");
	}
}
えーっと、実は、この記述の方法はActionScript1.x~2.0で、Flash Player5以上であれば使うことができます。

更にもっと深い階層になると、

for(var i:int = 0; i<10; i++){
	this.["mc"+i]["mc2"+i]["mc3"+i].onRelease = function(){
		trace("ほげ");
	}
}
と、ドットで連結させるところを、[ ] ←この括弧で連結することで、インスタンス名にアクセスすることができます。

for文でインスタンスのプロパティに対してアクセスしたい場合、getChildByNameを使ってインスタンス名を参照します。例えばX座標のとき、

for(var i:int = 0; i<10; i++){
	trace(this.getChildByName("mc"+i).x);
}

ActionScript3.0ではeval();が使えないので解決方法は
Pocket

Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です