loco roco v0.2 (改造PuyoDot) – wonderfl build flash online

AS3用のFPSとメモリーの使用量がわかる、Stats.asというのがあります。左上のグラフみたいなやつですね。めちゃくちゃ便利なんですが、PC移行の際にバックアップをとるのを忘れ、再度ダウンロードしにいったんですが、なんと!ソースがなくなってる?じゃないですか!
>>http://code.google.com/p/mrdoob/wiki/stats
↑だいたいここに飛ばされるんですがなくなってるみたいですよね。
あれば便利なんで、、、何とかしてみつけたいなぁーっと思い、探しに探したら見つかりました!

Stats.asがダウンロードできる場所はここ

http://code.google.com/p/mrdoob/source/browse/trunk/libs/net/hires/utils/?r=109
↑Stats.asを右クリックで、名前をつけて保存。で保存してください。

簡単な使い方

Stats.asをひらくと、「package net.hires.debug」となってます。ドキュメントクラス、またはflaファイルがあるところに「net」フォルダ、その下に「hires」フォルダ、その下に「debug」フォルダを作ってその中にStats.asを置いてください。

ActionScriptに下記のコードを書きます。(古いコードです)

import net.hires.debugStats;
addChild(new Stats());
これで導入完了です!

追記

どうやらimportのパスが、変更になったみたいです。通りすがりのStarlingさんからご指摘いただきました。ありがとうございました!(^^)

import net.hires.utils;
addChild(new Stats());
Stats.asがダウンロードできる場所と使い方
Pocket

Tagged on:     

2 thoughts on “Stats.asがダウンロードできる場所と使い方

  • 2013/07/22 at 15:27
    Permalink

    ダウンロード先ありがとうございます。

    現在仕様が変わったのか、
    最後のフォルダ名がDebugではなくなっています。
    今後、検索してここに来られる方のために変更していただけると助かります。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です