<script src="jquery-1.3.2.min.js"></script>
<script>
(function(){
	if(typeof jQuery == 'undefined'){
		return;
	}
	jQuery.noConflict();
	jQuery(function($){
		// ここに処理を記述
		// $==jQueryで利用可能
	});
})();
</script>

このソースコードをペッと貼り付けて、実際に書き始める場所は10行目からです。この形が定着しているのは、いくつかの理由があります。

  1. functionを大きく、( ) 括弧で括っているのは関数や変数をローカル化するため。
  2. 5行目のreturnは、jQueryのライブラリが何らかのエラーがあったときに、JavaScriptエラーを出さないようにするため。
  3. 8行目のnoConflictはprototype.jsなどの複数ライブラリを使用する際に、「$」を初期化するため。
  4. 9行目の引数$にすることによって、10行目以降に$==jQueryとして使うことができる
jQueryを使うときの最初のおまじない
Pocket

Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です